Home > 生活相談支援センターのご案内

生活相談支援センターのご案内

くらしごとロゴ

あなたの悩みが必要です。

世の中の変化で急に仕事を失ったり、頑張っているのに思っていたより生活が安定しないなど、心配・不安を抱えて暮らしている人が少なくありません。生活相談支援センターくらしごとでは、ご相談内容に応じて専門家や関係機関などと一緒に寄り添い考えます。

くらしごとのフロー

「くらしごと」は不安を解決するための伴走者です
身近な人に相談しづらい様々な悩み・不安を「くらしごと」へご相談ください。共に考え専門家に相談/悩みや不安の解消へ!

協力体制

■くしろ若者サポートステーション ■ハローワーク釧路 ■消費者センター ■弁護士会・法テラス(弁護士) ■社会福祉協議会 ■釧路母子家庭等就業・自立支援センター ■民生委員・児童委員 ■警察 ■保護司会■病院 ■NPO ■地域包括支援センター

主な相談内容

就労 28% / 収入・生活費 23% / 住まい 17% / 家族・人間関係 9% / 仕事上のトラブル 9% / 家賃・ローン支払 3% / 病気・健康・障がい 7% / その他 9%

その他にも様々な内容のご相談を受けています。

事例 1 借金の返済を何とかしたい(20代男性)

仕事が決まるまで3ケ月ほどブランクがあり、生活費のやり繰りで借り入れが増えてしまった。働いて稼いでいるが、返済のために生活が苦しく、改善の兆しが見えない。転職も視野に入れ探しているが見つからない。どうすれば良いか。

事例 2 最初の一歩を踏み出したい(30代男性)

学校を卒業してから就職せず、実家で暮らしてきたが将来が不安。いずれは就職したいが、引きこもりがちなので、まずは出来ることから始める最初の一歩を踏み出したい。しかし、周りに話せる人がいない。

事例3 離婚のアドバイスが欲しい (40代女性)

結婚し子どもが二人いるが、夫の暴力から逃れたい。離婚も考えたいが、そもそもどうすれば離婚できるのか、また子育てしながら仕事をして生活していけるのか、アドバイスがほしい。

事例4 年金生活での厳しい現状 (60代女性)

勤めていた会社を定年で退職。年金暮らしをしているが、医療費も増え毎月手元に残るお金はあまりない。子どもが結婚したが、もともと安月給で生活が苦しいとお金の無心がある。出来ることはしてあげたいが、自分の生活も苦しい。何か良い方法はないか。

支援の流れ

①まずは「くらしごと」へご連絡ください。
※電話または下記お問合せフォームをご利用ください。

②あなたの悩みや不安なことをお聞かせください。

③支援内容や目標を一緒に考えます。
※ご自宅などに伺いすることも可能です。

④目標や問題解決に向って伴走型の支援を行います。

⑤悩みや不安が解消し、安定した生活へ。

くらしごとの伴走者

わたしたちが解決に向けて寄り添い、考えます。

〈相談員からのメッセージ〉

悩みごとは一人で抱え込まずに気軽にご相談ください。お越しいただくのが難しい場合、訪問することもできます。まずはお電話いただき、お話を聞かせてください♪


Eメールによるお問い合わせ

お問い合わせ内容によっては、お時間をいただく場合やお答えできない場合がございますので、あらかじめご了承ください。お急ぎのご用件は、お電話 0154-65-1250(平日9:00~18:00)へお問い合わせください。

件名

お問い合わせ内容

お名前

Eメール

ご住所

お電話

生活相談支援センターくらしごと
〒085-0015 
北海道釧路市北大通12丁目1-14 ビケンワークビル1F
TEL 0154-65-1250
開設時間 平日09:00~18:00(土日・祝日・年末年始
12月29日~1月3日休み)
※お車でお越しの方は、専用駐車場へ駐車してください。
※駐輪場はありません。